青汁チャンピオンシップ

青汁を費用対効果や安全性などの側面から比較しました。

青汁について解説するサイトです
画像

私の場合、この選び方で満足できました

何かしらの効果を実感したい場合、青汁を飲めれば何でも良いというわけではありません。
しっかりと効率の良い選び方をする必要があるのです。
ここでは私の場合の選び方を紹介します。
色々なネット情報を駆使していくつかの失敗を経て、この選び方を確立しました。
ぜひ参考にしてください。

なんにせよ、続けやすさが肝心

画像

青汁の効果を実感する一番の近道は「とにかく続けること」です。 青汁は薬ではなく健康食品ですから、即効性はなく、一日や二日では効きません。 しかし、だからこそ身体に優しく副作用などを一切感じることなく体質を改善することが出来るのです。

そして多岐にわたる効能を実感する事が可能になります。

つまり、いかに続けやすいかという点がポイントになります。
しっかりと継続することが可能なアイテムの基準としては下記のようなポイントが挙げられるでしょう。

味とニオイ

青汁は昔から何となく「まずい」というイメージがあります。
しかし、最近では美味しい青汁も沢山あるので、味やニオイに関しては続けやすさと直結していないケースも多いかもしれません。
とはいっても、どうしても青臭い感じがするのは事実。
特にケールを原材料としているものの場合は味に関してはきついものがあるかも知れません。

一日や二日なら良くても毎日・数か月も続けるのは無理かも・・・と思う人もいるでしょう。

以前ケールの青汁を飲んでいたときは一週間程度で挫折してしまいました。

そんな方は、明日葉や大麦若葉などのクセのない素材を使っている青汁を選びましょう。
特に、「ふるさと青汁」はお茶のように飲みやすくておすすめです!

費用対効果を重視しよう

画像

値段が高ければ良いのは当たり前。
とはいっても、値段が高いと続けるのも大変になってしまいます。 結局は続けるのが億劫になってしまうことになるかも・・・
続けづらくなる可能性がありますよね。
そこで意識したいのが値段がどれくらいなのかという点です。

もちろん値段が安ければ良いというわけではありません。
安い製品は沢山ありますが、そのなかには粗悪品が少なくありません。 だからこそ、費用対効果をしっかりと意識するというのが重要になってくるんです。

費用対効果の良い製品の見つけ方としてはランキングやレビューを活用するという方法があります。

このサイトにもランキングはあるので参考にしてくださいね。