青汁チャンピオンシップ

青汁を費用対効果や安全性などの側面から比較しました。

青汁について解説するサイトです
画像

ランキング1位vs2位を比較

ここでは当サイトのランキングの一位と二位を比較していきたいと思います。
私個人の体験や感想を多分に含んでいますが、ぜひ読んでみてください。
ポイントに分けて解説していきたいと思います。

飲みやすさについて

画像

やはり最大のポイントとなるのが、この点になるかと思います。
一位の極の青汁は大麦若葉、二位のふるさと青汁は明日葉が主原料の青汁です。

どちらもクセが少なく、栄養が豊富。
飲みやすいのに栄養満点な素材なので、最近では、ケールよりも青汁の素材に選ばれることが多くなっています。

クセのない素材を使っていれば、あとは個人の好みによって異なるところですが、極の青汁は飲料メーカーのサントリーが作っていることもあって、非常に飲みやすい味に仕上がっています。
まるでお茶のようにスッキリしているので、抵抗なく飲むことが出来る青汁です。

安全性について

画像

注目すべきポイントとして「素材の安全性」は外せません。

一位の極の青汁は、熊本県阿蘇産などの国産大麦若葉や屋久島産などの国産明日葉といった、厳選素材を使用しています。
残留農薬の検査も徹底されていて、飲料メーカーならではの管理力で安全性が追及されています。

二位のふるさと青汁は、八丈島産の栄養豊かな明日葉が主原料です。
島根県産桑の葉や熊本県産大麦若葉も農薬や化学肥料も不使用なので、安全性は抜群です!

まとめ

画像

上記を見てみると、非常に甲乙つけがたい極の青汁ふるさと青汁

一か月分のコストは、わずかに極の青汁のほうが安く済みます。
さらに、ポリフェノールの一種である「ケルセチンプラス」が配合されているのもポイント。
ケルセチンプラスによって吸収力が120倍に高められます。

どちらも非常に優れた青汁ですが、私の一番のおすすめは極の青汁です。