青汁チャンピオンシップ

青汁を費用対効果や安全性などの側面から比較しました。

青汁について解説するサイトです
画像

「青汁の栄養素」

青汁は野菜の栄養がそのまま丸ごと入っているものの総称でありますので、野菜の豊富な栄養のほとんどが入っているといってもいいでしょう。
しかし何の野菜かによっても多少の違いは出てしまいます。

まずは青汁の代表であるといってもいい「ケール」ですが、この野菜事態はあまり日本人には馴染みのないアブラナ科の野菜でキャベツの一種です。
ケールは野菜の王様ともいわれるほどに栄養価が高く、カルシウム、ビタミン、ミネラル、葉緑素、食物繊維もタンパク質まで豊富です。
青汁にしてもその栄養価が落ちることはないのですが、味が独特でもあるために少し苦手としてしまう人も多くはあります。

大麦若葉は大麦の若葉でイネ科の植物で、ケールに比べれば多少栄養素は落ちてしまいますが、その栄養バランスはよく、おまけに体に有害な活性酸素を無毒化する酵素も含まれているといわれています。
また飲みやすさに関してはだんとつに人気があり、他の青汁の原料との相性もよく、混ぜて使われることの多さでも有名です。
こちらに青汁の効果と副作用についての口コミ比較ランキングというサイトがありますのでよかったら参考にしてください。

明日葉は今日摘んだ芽が明日には出るために名づけられたほどに生命力の強いとされており、栄養価もケールよりも高いと言われています。
何よりも他の青汁の原料にはない成分であるカルコンが含まれており、カルコンには胃の調子を整える他にむくみをとる効果なども注目されている独特の成分です。
またカリウムなども多いので利尿効果もあいまって老廃物を出しやすい青汁とも言われています。

他にも桑の葉や緑茶、ゴーヤなどといったようなものや各種野菜を使ったものが青汁の原料となっており、その野菜の栄養素=青汁の栄養素となっております。
野菜の多くに共通している栄養素は、食物繊維、ビタミン、ミネラル、カルシウムなどと豊富であり、それらが体の中に入ることによって老廃物を排出し、新陳代謝を高めて、
免疫力や体質の改善などに繋がるものを気軽に摂ることができるものが青汁といえるでしょう。
こちらのサイトに桑の葉の青汁についての詳しい解説ページがありました。とてもわかりやすいのでおすすめのサイトです。

青汁ダイエットは美容と健康面からもおすすめです。