青汁チャンピオンシップ

青汁を費用対効果や安全性などの側面から比較しました。

青汁について解説するサイトです
画像

「青汁を使った栄養機能食品」

青汁はほとんどが栄養機能食品にあたります。
他には特定保健用食品にあたるトクホとされるものもありますが、数は少ないのが現状です。

逆に栄養機能食品としての青汁は例としてあげていたらきりがないほどにあるのです。
栄養機能食品は認可を必要としないうえに、亜鉛、カルシウム、鉄、銅、マグネシウム、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、
ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、葉酸などの17成分について、摂取量の上限、下限の規格基準に適合していれば、
その成分についての栄養機能食品表示が可能となっているからです。

そしてほとんどの青汁はその既定に達しており、中には申請すればトクホにもなれるのではないかと青汁の会社に対してその疑問を投げかけた人もいたそうですが、
その会社は、
「特定保健用食品の資格を取るための膨大なデーターの時間よりも、皆さんによりよい青汁を提供するために時間を使いたい」とおっしゃられたそうです。
名よりも実をとるという自信の現われともいえます。

また逆に青汁の中に美容に関する成分を多く入れて、勿論青汁ではあるのですが、美容のための汁となったような青汁などとある方向に偏った青汁などはそういう青汁として、
美しさと健康を併せ持った青汁を作られています。
元々青汁には野菜による食物繊維によって老廃物を排除して、腸からミネラルやビタミンを吸収させて美肌効果を保つという効能があり、それらに他の美容成分が配合された青汁が女性に人気なのです。
また青汁と言えば毎日飲み続けることができるための味、つまり美味しさに対しても追求されるようになりました。
そういった面からも栄養機能食品としての青汁は人気があり、長く続けることができる青汁を見つけ、飲み続けられることこそが重要なのです。
そんなテレビショッピングでも人気の青汁についての解説は、このサイトをぜひご覧ください。

勿論、栄養機能食品として名乗りやすいので中には粗悪なものがないとはいえません。
その辺りの見極めはしっかりとしましょう。